fc2ブログ

記事の一部変更と訂正のお知らせ

記事の一部変更と訂正のお知らせ

今日は記事の一部変更と訂正のお知らせです。自分は大変な間違いをしていたようで、お詫び申し上げます。
過去記事をチェックしていてヨゼフ・ホフマンの鍵盤サイズ6インチ、174mm鍵盤(C~H15.2cm)と書いていたのですが、Wikipediaの情報を元にして書いていました。

改めて見ると「1オクターブごとに1/8インチ狭く」と書かれてあって、(参考文献などありましたら是非コメントをお願いします)当方も調べてみます。何度も読み返す内に自分でも不安になったといいますか、あれ??と思うようになり1インチが約2.54cmなので1/8インチで計算すると0.3.175cmでした。これはもしかすると、16.5cmマイナス0.3175cmではないかという気がしてきて、そうなると、16.1825cmという幅になります。C~H約16.2cmです。
ヤマハで販売されていたという、クラシック鍵盤の183mm鍵盤(C~H約16cm)より若干大きい幅です。

これですと後から考えると「気持ち楽」というホフマンの言葉は、その意味のままだったのでは!?と思いました。動画もあってオクターブを1-4の指で楽々弾きこなしている姿は手が小さいという先入観もあったので、「西洋人の中では」ということを忘れた考えだったかもしれません。

事の真相は最初に1/8というのが目に入り白鍵1つの鍵盤幅2.2cmがパッと浮かび、それをオクターブに当てはめて白鍵1つずつが1/8狭くなっているのか!と思い(勘違いして)計算していた次第で、それプラス、その頃Steinbuhler社を調べてアメリカの細幅鍵盤イコール6インチというのが頭の中にあって混ざってしまっていたのもあると思います。

それで、改めて「Josef Casimir Hofmann piano octave size」など検索をかけて調べた結果、何処にもサイズに関する資料がないです。あるのかもしれませんが、Wikipedia以外では見つけられませんでした。

ブログ紹介動画の方も、不確定要素や間違いがあれば訂正するのは当然なので、YouTubeのアノテーションという機能を利用して一部訂正しておきました。ないかもしれませんが、後からホフマンも6インチを使ったことがあると分かればアノテーションは修正できますし、トラックバックなどで他のブログにもご紹介していただいたり、応援のコメントもいだいているので、安易に動画削除より細幅(Mサイズ)鍵盤ピアノ推奨、知名度を上げて開発を呼びかけよう、更なる普及に繫がる事をしていこう!という意志は伝えていきたいので、これからは動画なども気をつけます。

では、6インチは誰考案の?という疑問も新たに出てきました。今分かっているのは、芳村英里先生の演奏会で使用されたサイズがこの15/16の6インチだったので、これは資料的なものが過去記事(←クリック)で測っている場所が視覚的にも分かります、是非参考にしてください。

それから、こちら(←クリック)で中田喜直先生の書籍でも書かれているショパンのピアノの話について約1cm狭い「ショパンの使っていたピアノも大体このくらいだったらしい」という一文から、

これが文字通りジャスト1cmかは言及されていませんがショパンのサイズにも近いと思っています。そしてこちら(←クリック)、日本でも定期的か不定期か細幅鍵盤ピアノによる演奏会もあり、中田先生は、1.4cm狭いDIAPASONのアップライトピアノを作られていて大宝館に展示されてあります。このピアノは、ほぼ6インチ規格と言っても良いと思います。

オクターブ表記がピアノメーカーによって16.6cmや16.5cmだったりするので、15.1cmか15.2cmかというのも以前考えて後者の方が正確なのでは、という結論をこのブログでは出しています。1990年頃ヤマハのカタログにあったという「教育用鍵盤」が計算上174mm鍵盤(C~H約15.2cm)という記事も書きました。

Steinbuhler社のオクターブ6インチというのは、7/8 161mm鍵盤(C~H約14cm)のオクターブだけでは、モダンサイズの16.5cmからの移行する人の場合は差があるので、その間のユニバーサル鍵盤という「中間」というサイズだと思います。幅広いニーズへの対応、もしくは統計的にそのサイズが勝ち残った、他にもサイズを作った中で販売台数が多いサイズではないでしょうか。

過去記事で気づいた部分については、これから訂正していきます。本当に、ご迷惑をおかけしました。素人クオリティで運営していますので、これからもミス、誤字などもあるかもしれませんが、できるだけ正確に、ミスがあれば早急に対応していきますので、これからもよろしくお願いします。鍵盤のサイズを多く扱っているので、資料などお持ちで「こちらの方が正しい」「そのサイズは違う」というご指摘なども戴けると幸いです。

fc2のブログではブログランキングがあります。
細幅鍵盤普及に向け1人でも多くの人に知ってもらえればと思っています。
ポチッとしてもらえれば幸せです。細幅鍵盤ピアノを普及させよう!
↓↓

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ鍵盤オクターブヨゼフ・ホフマンWikipediaアノテーションYouTube

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

smallkeyboarder

Author:smallkeyboarder
ショパンの好きな
アマチュアピアノ弾き

FC2ブログランキング
fc2ブログではブログランキングがあります。 細幅鍵盤普及に向け1人でも多くの人に知ってもらえればと思っています。 ポチッとしてもらえれば幸せです。↓↓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3604位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
188位
アクセスランキングを見る>>
相互リンク
ご協力サイト様リンク
無料イラスト素材 イラストバンク E-ARTjapan            イラストレーターわたなべふみ  庄内の使えるサイト        素材屋花子            素材のプチッチ           タカミコーポレーションフリーイラスト集 イラスト無料素材【イラストわんパグ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリー広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
Amazon.co.jpで気になる商品を検索
募集中
当ブログでは細幅鍵盤ピアノ、生ピアノや電子鍵盤楽器(主にサイズやタッチが軽めなど)の情報を求めています。 実際に中古ピアノを販売されている店や画像、動画、できれば物差しとかで測って頂けると嬉しいです。関係ありそうなデータやサイトのリンク、些細な事でも構いません、常時募集中です。コメント欄へお気軽に、どうぞよろしくお願いします。