fc2ブログ

芳村英里先生、Kris Chesky先生によるの論文を読んで

芳村英里先生、Kris Chesky先生による論文を読んで

今年一押しといいますか、改めてもう一度論文タイトルとURLをこちらに書かせて頂き、
「The Application of An Ergonomically Modified Keyboard to Reduce Piano-Related Pain」
http://digitaledition.qwinc.com/reports/rissue.php?s=3138&r=2569134&i=26940

※The key width for the modern piano was established about 130 years ago.
(訳)モダンピアノの鍵盤幅は、約130年前確立されました。

その素晴らしい論文は、この一文から始まります。そして、現代のピアノより一般的にが狭かったと続きます。本文全てと翻訳全て記載したいところですが、記事と写真が多くリンクしており膨大な量や全文は無理なので、そこは割愛してメールアドレスを入力すれば見れます、なのでリンク先を確認して頂ければ幸いです。
(自分は全て翻訳するのに1週間掛かってしまった・・^^;)

細幅鍵盤ピアノ1オクターブ174mm鍵盤(6インチ15/16)を使い188mm鍵盤と様々な角度から比較実験を行ない詳しいデータを取り確認されています。ビデオもあり、これほど充実した内容の濃い論文は他ではない、特に日本では見た事がありません。実際にピアノを弾き比べてスケール上昇と下降などは是非見てもらいたいビデオの映像で、比較映像としても貴重なものです。ビデオはメールアドレスを入れてログイン(?)してないと見れないようなのでご注意を。

YAMAHAで販売されていた細幅鍵盤ピアノの事も触れられています。

※Yamaha stopped making these keyboards in 2003 due to the lack of demand after 14 years of production.
(訳)ヤマハは、14年の製造の後で需要不足のために2003年に、これらの鍵盤(細幅鍵盤)の製造を止めました。

カワイは2007年に細幅鍵盤ピアノの製造中止と聞きましたが、論文によるとヤマハは2003年に需要不足で先に終了しているようです。おそらく19世紀のピアノの鍵盤幅がどんな大きさだったのかなどの知識の部分だったり、それまでに至る過程は需要不足ではなく他の問題なのではないかな、という気もします。製造も14年あったみたいですが、実際に自分はカタログを目にしていませんし、よく分からないですが気になる広告内容が「子供向け」みたいな内容で掲載されていたとすれば、本来の意味する細幅鍵盤とは少し違ってきます。(上手く言えませんが、素晴らしさを十分に伝えられていないような)また、試弾ができない環境であれば、廃れていくのを待っているようなもので、売れない(客は知らない、もしくは弾けない)作れない製造終了という流れは目に見えた起こるべくして起こった悲劇とも言えるでしょう。

以前にmy handというペンでなぞった画像を紹介しましたが、元がA4なのでA4サイズに拡大できれば論文内の比較された手と同じくらいの手ではないでしょうか。今左手を測ると普通に何の力も加えず伸びるとこまで広げると18.5㎝くらいで、鍵盤の引っ掛け奏法のような感じでペタっと180°開かせれば約19㎝です。俗に言う「腱なら伸びる」が5㎜で、あまり使いたくはない奏法ですね。多分、元々の(遺伝的な要素)手の大きさでも腱の伸びに差が出てくると思います。(手が大きい人の言う「腱が伸びる」は比較にならないのではないだろうか)

今まででの「慣れ」の部分が大きいので、手が小さくても188mm鍵盤に慣れた体で今さら変える方が難しい弾き方になる、という人もいらっしゃると思います。これは、ピアノ歴が長いほどそうでしょう。それとは別に、やはり人間なので、愛着があったりピアノに対する想いや感情があります。そういう人でも手が小さければ100%全員絶対細幅鍵盤が良いんだ!という主張をこのブログでしているわけではありません。

細幅鍵盤利用の有効性が内心は分かっている、でも現状を見て疑問を感じていると言う人も、細幅鍵盤ピアノがあった方が好ましいというのはデータ上出てきている事は理解してほしいです。手の小さい人は、手の痛みを軽減できたり、メリットもあり、あまりにも手の痛みレベルなどをグラフにしたような統計的なものが無さ過ぎたという今までの背景や歴史的な流れも配慮しながら、普及を訴えていきたいです。目立ちたい、裏付けるデータもある、しかし謙虚に、みたいな葛藤もあり難しいところです。

それを乗り越えれば、ユニバーサルという「世界的な、普遍的な」という意味で、人間工学的にも手が小さい人が弾きやすい174mmなどの鍵盤(このブログで15㎝はセンチやミリを使う日本ではきりが良い、8個分だと約171.5mmと半端になりますが表記としては約172mmとしても良いでしょう)ヤマハより若干カワイの方が細い、という感じで、メーカーの個性の範囲だと思います。約172~174mmくらいを普遍的サイズとして各社から恒久的な製造の検討や販売をされて欲しいです。もちろんDS規格など含めてです。近い将来、19世紀頃の過去の鍵盤なども見直され、ユニバーサルサイズをいつでも試弾できたり購入できたりする環境の構築は必要不可欠で、多くのピアニストの知識の共有や意識レベルの変化で可能である、今現在考えられる問題も乗り越えていけると信じています。

また、画像のように今回からオクターブ幅の表記を変えたいと思います。今まで、モダンピアノのオクターブサイズは16.5㎝と書いていましたが、最近の研究で使われる時の「オクターブ」は16.5cmであれば188mmや6インチであれば174mmなどの鍵盤8個分というのがメジャーなのだそうで、それに基づき、細幅鍵盤の中の標準鍵盤というのも変ですが、規格がはっきりと決まっていない現状、「約172mm~174mm」辺りが手の小さい人の弾きやすい鍵盤の一区切り、目安の1つにはなると思います。15㎝は、すっきりしていい感じだと思うのですが、8個分として計算すると171.42857・・・ちなみに、16.5㎝だと188.571428・・・。

20091218.jpg
(Figure4より抜粋)

日本ではオクターブが15.5㎝もあったので含めると約177mmというサイズも存在する事になります。そして、「標準鍵盤」という呼び方(特に「標準」)があまり適切だと個人的には考えてないので、このブログでは188mm鍵盤とこれから先書こうと思います。(188mm鍵盤=16.5㎝=標準鍵盤の事だなと思ってください)

あれも、これも、ともっと紹介したいのですが、是非多くの方に読んでほしいです。
ピアノが好きで手について悩んでいる、ピアノと手の大きさ、答えはそこにあると思います。
芳村先生には重ねて感謝致します。

(文献)※印、及び画像の抜粋
Eri Yoshimura and Kris Chesky, “The Application of an Ergonomically Modified Keyboard to Reduce Piano‐Related Pain,” the MTNA E-Journal 1, no.2 (2009): 2-13.

fc2のブログではブログランキングがあります。
細幅鍵盤普及に向け1人でも多くの人に知ってもらえればと思っています。
ポチッとしてもらえれば幸せです。ランキングが上がれば細幅鍵盤発売も近い(!?)かも。
↓↓

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ鍵盤細いオクターブ小さい大きさショパン普遍的ユニバーサル

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。
ご連絡遅くなりましたが、先ほどメール返信しましたのでご確認ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。
先ほどメールをしましたのでご確認ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

smallkeyboarder

Author:smallkeyboarder
ショパンの好きな
アマチュアピアノ弾き

FC2ブログランキング
fc2ブログではブログランキングがあります。 細幅鍵盤普及に向け1人でも多くの人に知ってもらえればと思っています。 ポチッとしてもらえれば幸せです。↓↓

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
214位
アクセスランキングを見る>>
相互リンク
ご協力サイト様リンク
無料イラスト素材 イラストバンク E-ARTjapan            イラストレーターわたなべふみ  庄内の使えるサイト        素材屋花子            素材のプチッチ           タカミコーポレーションフリーイラスト集 イラスト無料素材【イラストわんパグ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリー広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
Amazon.co.jpで気になる商品を検索
募集中
当ブログでは細幅鍵盤ピアノ、生ピアノや電子鍵盤楽器(主にサイズやタッチが軽めなど)の情報を求めています。 実際に中古ピアノを販売されている店や画像、動画、できれば物差しとかで測って頂けると嬉しいです。関係ありそうなデータやサイトのリンク、些細な事でも構いません、常時募集中です。コメント欄へお気軽に、どうぞよろしくお願いします。